テストステロン

lv7テストステロンはマカで増えるのか?

更新日:

遊び人「テストステロン!アストローン!マカ、マカ、マカ不思議~硬くなるのは俺の股間~♪」

 

苦笑いする博士

なんなんじゃその歌は・・・。

 

遊び人「あれ?博士知らないの?この歌めっちゃ流行ってるけど・・・」

遊び人「国王様付きの薬剤師がとなり村に来ていてなんでも遠くの国からマカっていうのを持ち帰ってきたらしい。これがビンビンになるらしくてさー」

 

苦笑いする博士

な、なんだってー!?いこう!となり村に!

 

こうして博士一行は地元の街を出て、となり村「アーエンの村」に到達した。

 

マカにはテストステロンは含まれていない!?

マカ

マカやトンカットアリは精力剤の分野ではかなりメジャーな存在です。

 

しかしながらマカやトンカットアリには男性ホルモンであるテストステロンは含まれていません

 

そもそもテストステロンは男性ホルモンですので体内でしか生成することができません

 

また今のところテストステロンを明確に増やす!という研究報告があるのはトンカットアリソフォン(アカガウクルア)だけです。

 

では、なぜマカやトンカットアリが精力剤としてこうも有名になっているのでしょうか?

 

そのなぜなぜについて今回は調べていきましょう!

 

 

マカには精力回復に必要なアルギニンや亜鉛、アスパラギン酸やビタミンEが豊富に含まれている!

栄養バランス

マカには精力回復に必要な成分が豊富に含まれています。

 

先ほどテストステロンは含まれていないというお話をしましたが、 直接テストステロンを増やすことはできなくても間接的にはテストステロンの分泌量向上にマカは関与しています。

 

  • 亜鉛       ・・・生殖能力の維持に必要、精子精液にも大量に必要
  • アルギニン   ・・・生殖能力を高め、精子の量を増やす
  • アスパラギン酸・・・疲労回復、精力減退を改善する働き
  • ビタミンE     ・・・ホルモンバランスを整え生殖機能を活発にし精力減退を改善

 

テストステロンは繊細なバランスの上になりたっています。

 

ですのでアスパラギン酸やビタミンEで体の調子を整えてくれるといった点は嬉しいですね。

 

 

特にアルギニンについてはマカやトンカットアリは豊富に含まれています。

 

アルギニンは勃起には欠かせない一酸化窒素を生成する働きがあります。

 

また一酸化窒素により血管が拡張すると血流が改善され全身に酸素や必要な栄養素が十分に行き渡るためこちらも精力回復といった点では有効です。

 

テストステロンの分泌量を増やすには単にテストステロンの元となる栄養素を取ればいいだけではなく、

 

  • 体が元気であること
  • 精神が安定していること

 

などの条件がすべて整うことで正常に分泌されます。

 

元気な博士

バランスが大事なんじゃな!

 

「そうなんです!たまにはまともなこと言うじゃないですか!」

 

苦笑いする博士

"たまには"ってひどいんじゃ・・・。

 

 

アルギニンは他の食品にも含まれていますが、他の食品はコレステロールも多く含んでいるものが多いため必要量のアルギニンを摂取しようとするとコレステロール過多になってしまいますね。

 

コレステロールのすべてが悪いというわけではありません。

 

なぜならホルモンの主原料はコレステロールだからです。

 

ですので極体にコレステロールの摂取を制限しているとこれもまたホルモンの分泌に影響が出て、結果テストステロンの分泌が思わしくない、減少したといった結果になります。

 

マカにはアルカロイド系の成分がある!アルカロイドってなに?!

アルカロイドってなに?

マカにはアルカロイドという成分が含まれています。

 

アルカロイドとは多くは植物などに含まれている有機化合物のことですね。

 

アルカロイドにはモルヒネニコチンカフェインキニーネなどがあります。

 

ほとんどが窒素原子を含む化合物で主に神経に作用します。

 

濃度が高ければ毒にもなり、適量であれば薬にもなるといったイメージでしょうか。

 

マカのアルカロイドは精神を落ち着かせたり、ホルモンバランスを調整してくれる働きがあります。

 

この精神を落ち着かせてくれる効果というのが実は非常に重要です。

 

 

勃起するためには、栄養!血流!そして精神的なリラックスが必要!

relax

勃起するためには

 

 

  • 十分な栄養
  • 十分な血流
  • 精神的なリラックス

 

が必要です。

 

火事や何かに追われている時に「セックスしなきゃ!」って思わないように、ちょっと落ち着いたどこか心がリラックスしている状態になる必要があります。

 

興奮しているけどもどこか解き放たれているっていうイメージですかね。

 

元気な博士

追っかけプレイとか新しいぞい!

 

「・・・」

 

 

苦笑いする博士

す、スミマセンデシタ・・・・。

 

「・・・はい。」

 

これが緊張状態になって過度なシチュエーションになると中折れや勃起不全といった事象に陥ります。

 

その状態を作ってくれるのがマカのアルカロイドなんですね。

 

マカに含まれるアルカロイドが過敏になった神経を抑えてくれ大脳中枢の疲労が緩和されて勃起がおきるといった感じでしょうか。

 

 

精液を作るための亜鉛も豊富!

亜鉛が豊富な食事

亜鉛についてもマカは豊富な部類にはいります。

 

亜鉛も精力を語る上では無視できない話題であり、その効能からセックスミネラルとも呼ばれています

 

精液中にも大量の亜鉛が含まれており、亜鉛が欠乏すると精液を十分に作り出すことができず精子を保護できなくなります。

 

そうなると精子を卵子まで送り届けることができなくなり男性不妊の原因などにもつながりますので亜鉛をしっかりとって精子、精液ともに量も、質も高めていく必要があります。

 

 

時代はマカからクラチャイダムへ・・・

変革の時

マカは原産国のペルーでは万能食品として扱われているようですが、現在はそれにとって変わるクラチャイダムと呼ばれるものが精力回復の分野では定番です。

 

アルギニンを例にとってみるとクラチャイダムはマカの2倍含まれているということがわかっています。

 

ほとんどの成分でクラチャイダムがマカを上回っていますので特にこだわりがなければクラチャイダムを選択するほうがいいですね。

 

 

んで結局テストステロンはマカで増えるの?

truth-257160_640

結論からいうとマカでテストステロンは少々増えるといった感じです。

 

マカにはアルギニン、亜鉛、ビタミンEでなど豊富な栄養素がバランスよくふくまれているのでテストステロン、そして精子にとってもいい食材です。

 

しかしながら更にいいもの、今回で言えばクラチャイダムにあたりますが、栄養価も抜群にクラチャイダムのほうがいいんですよね。

 

双方に言えることは亜鉛や、アルギニンを含んでおりますのでGHリリーザーの生産などと相まって結果的にはテストステロンの分泌量は増えるということになります。

 

マカでテストステロンは増えるのかのまとめ

マカにはテストステロンを間接的に増やす仕組みや栄養があることを学びましたね。

 

しかしながら現在はクラチャイダムやトンカットアリといったさらに栄養や効果が期待できそうな食べものがあるのでマカに限定する必要はなさそうです。

 
link

 

元気な博士

今回のまとめじゃ!

  • マカはテストステロンを増やすことができる!
  • しかしクラチャイダムやトンカットアリのほうが効果が期待できる!
  • マカには精神を落ち着かせてくれるアルカロイドが含まれている!
  • そして~レベル8になったぞい!

-テストステロン

Copyright© 精力回復クエスト!勃起力アップに人気の返金保証付き精力サプリランキング , 2017 All Rights Reserved.