テストステロン

lv28勃起力を効率的にアップするにはテストステロン対策が重要!

更新日:

この記事のポイント

  • 勃起力改善はテストステロンが必要
  • 一度低下したら自然には回復しない
  • 手軽な対策には精力剤がおすすめ


テストステロンが増えれば勃起する力は何倍にも跳ね上がります

あなたがこのページを見てくれたということはなんとかして勃起力をアップもしくは回復させたいと思ったからだと思います。

nayami

  • 勃起力を回復して奥さんを喜ばせたい!
  • 身体の不調を改善したい・・・
  • 低下した性欲を復活させて愛する人と充実したセックスライフを送りたい
  • 子どもを作りたいから勃起力を回復して妻とセックスしたい・・・
  • あの若かりし頃のガチガチのペニスを取り戻したい!
博士
ワシもガチガチの元気な息子を取り戻しちゃおうかのぉ。

え?博士が・・・?

博士
なんで・・・。ワシだって別に元気になってもいいじゃないか・・・。

 

勃起力アップにはテストステロン対策が必須になります。

 

 

もしあなたの勃起力が低下もしくは満足できていないのであればそれはテストステロンが不足している可能性が高いです。

 

 

まず勃起力とテストステロンがどのような関係があるかをしっかりと知ることからはじめましょう。

そんなことはどうでもいいから早く一番のテストステロン増やす方法を教えろよという方はこちらかどうぞ。

勃起力アップにおすすめのサプリNo1

バイタルアンサー公式サイトはこちら

 

なぜ勃起力アップにテストステロンが必要なのか?

なぜ勃起力とテストステロンが関係があるのかまずはそこから理解していきましょう。

勃起の流れを図に示すと以下のようになります。

 

五感で性的刺激を感じると脳が「テストステロンを出せ!」と命令を出すわけです。

そしてそれがペニスに伝わって勃起するというのが超カンタンな流れになります。

勃起の仕組み_博士

 

 

この性的刺激を感じてから勃起するまでのテストステロンの働きは、大きくわけて4つあります。

それでは1つずつ解説していきます。

4つの作用

 

働きその1.性的欲求を起こさせる

脳が五感で性的刺激を感じてもテストステロンがなければそれは性的興奮として感じ取れません。

 

なので草食男子など男性ホルモンが低い状態だと性的刺激の状況に遭遇してもあまりグイグイいかないんですね。

 

性的刺激が大きければその分、テストステロンの分泌量や後に紹介する一酸化窒素の分泌量にも影響を与えます。

 

働きその2.性的興奮をペニスに伝える

性的刺激を受けテストステロンが高まるとテストステロンがドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やします。

 

ドーパミンは興奮作用の他に幸福感ももたらす作用があります。

 

ドーパミンが十分に生成されなければペニスに性的興奮が十分に伝わらず勃起も不十分なものになってしまいます。

 

働きその3.一酸化窒素を生成し、ペニスに供給する

勃起のための超重要な働きが一酸化窒素の供給になります。

 

性的刺激がペニスに伝わるとペニスの内皮では一酸化窒素の濃度が高まっていき、同時に一酸化窒素がサイクリックGMPに変換されていきます。

 

結果的にはサイクリックGMPがペニスの動脈を弛緩させ血流をアップさせることでその血液が陰茎海綿体に流れ込み勃起に至るということです。

 

働きその4.最高のセックスのための精液を生成する

単に勃起だけすればいいかというとそういうわけではありません。

最高のセックス、そして快感を得るためには精液の存在が欠かせません。

 

あなたも経験あると思いますがオナ禁したあとのオナニーとかセックスって最高に気持よくないですか。

男の本能的なもので内側に溜め込んだエネルギーを外に放出するというものがあります。

 

ですので中に溜め込んだエネルギーが大きいほど、快感も大きくなりますし精神的にも満たされた感が得られるのです。

 

テストステロンと勃起の関係をまとめると、

 

  • 性的欲求を起こさせる
  • その性的興奮をペニスに伝達する
  • 勃起させるための一酸化窒素を供給する
  • そして最高の快感を得るための精液を製造する

 

働きをみるともはやテストステロンがセックスの根本であるとともに、勃起力にも関係するということがわかりますよね。

 

実際、セックスの前後でテストステロン値が最大で1.8倍まで増加したという研究結果があることからもテストステロンの働きの重要性がわかりますね。(参照:大東薬品工業株式会社)

 

 

テストステロンは増やす方法はどんなものがあるの?

分かれ道
テストステロンを増やすには考え方として2つあります。

 

  1. テストステロンを減らす原因に対策をうつ
  2. テストステロンを増やすためのアクションをとる

 

テストステロンを増やしても減らす原因があるのであればそちらにも対策をうつほうが効率的ですよね。

ですのであわせてご紹介していければと思います。

 

テストステロン減少を食い止めろ!今日からできる3つの対策!

テストステロンを増やすためにいくつか方法がありますが、今日から早速取り組める方法を3つ紹介したいと思います。

 

対策1.アルコール摂取量を減らす

お酒の飲み過ぎ

適量のアルコールであれば緊張を緩和する働きがありますが、過剰になると勃起に影響が出てきます。

 

体内でアルコールを分解するときに肝臓では分解酵素というものが必要になりますがこの分解酵素を働かせるためにビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンC、亜鉛などさまざまな栄養素が消費されてしまいます。

特に亜鉛やビタミンCなど抗酸化作用やテストステロン分泌に影響するGHリリーザーが減少してしまうことはかなり痛いです。

 

毎日晩酌をしているような場合には、2日に1回にするなど量を調整してみましょう。

飲酒量を増やし勃起力アップに必要な栄養素の消費を防ぎ、不足している栄養素はサプリメントで補給することでさらに高い効果が期待できます。

 

対策2.禁煙する!

喫煙

本数を減らすではないですよ。禁煙です、禁煙。

 

喫煙するとタバコ1本あたりビタミンCが25mg~100mg消費されてしまいます。

100mgとは厚生労働省が指定する成人1人あたりの1日の摂取量に該当します。

 

つまりタバコ1本で1日に摂取しなければならないビタミンCが消費されてしまうのです。

ビタミンCの作用は抗ストレスと抗酸化作用です。

 

不足してくると慢性疲労、気力の低下、そして血流の悪化などが現れてきます。

先ほど勃起力の話をした時にペニスの血管を拡張して血流がよくなるから勃起しますというお話をしました。

 

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、窒素化合物があなたの勃起力を低下します。

 

まずニコチンが血管を収縮させ、血液の循環を悪くします。

そして一酸化炭素が精子の元になる精母細胞を壊してしまうため子作りを考えている方には大問題なのです。

さらに一酸化炭素や窒素化合物によりビタミンやミネラルも消費されてしまい結果的にはテストステロン生成や、精力そのものに影響を及ぼします。

 

せっかくテストステロン増やして勃起力あげようと思っているなら喫煙が勃起に悪影響を及ぼすことは理解できますよね?

最高のセックスをとるのか、それとも喫煙をとるのか。

 

あなたはどっちですか?

対策3.過激なAVを控える

AV

勃起の流れでも説明しましたが脳が五感を通じて性的刺激を感じることでテストステロンが分泌されます。

この時の刺激の強さでテストステロンの分泌量も決まります。

 

つまり普段から刺激が強いものばかりをみて慣れてしまうと、いざ、本番の時に刺激が足りず中折れや勃たないなどの事態に陥ります。

床に強くこすり受ける、強く握るなどの間違ったオナニーもテストステロン減少につながるので見直しが必要です。

テストステロンを爆発的に増やす!今日からできる4つの改善!

改善1.睡眠をしっかりとる

睡眠

睡眠はホルモン回復には非常に重要になります。

常に寝不足の状態ではテストステロンは不足してしまいます。

 

テストステロンは寝ている間に回復するのです。

事実、テストステロン量を計測してみると朝は値が高くそして、夕方に向けて低下していきます。

 

ですので仮に夜の間に十分に回復させることができなければ朝テストステロンが低い状態から始まります。

そうなれば、夜セックスするときには限りなく低下しているので性的興奮を感じても十分な一酸化窒素が放出されず勃起しなくなってしまうのです・

 

睡眠がテストステロンに与える影響は動物実験でも確認されていてラットを4日間寝かせずに飼育したところ、3日目くらいからテストステロンの値がほぼセロになってしまいました。

その後、ふかふかの寝心地がよいところで寝かせたのですが4日待ってもテストステロンの値はあがってこなかったのです。

 

このことからもわかるようにテストステロンは一度低下してしまうと回復するのは大変なんですね。

 

20代の頃はテストステロンも豊富なので徹夜してもがんばれたと思いますが30過ぎたあたりからもう12時くらいになると眠気が・・・という体験をあなたもしているのではないでしょうか?

 

それもテストステロンが低下しているために活力が低下してしまうことに起因しているのです。

 

改善2.ストレス解消を意識して行う

ストレス

ストレスが溜まった状態ではテストステロンはうまく生成も分泌もされません。

ストレスがかかると脳はコルチゾールというホルモンを分泌するように指令を出します。

 

コルチゾールは不安や心への負荷を軽減してくれる働きがあります。

しかし役目を終えて分解されるときに大量に活性酸素を作り出してしまいます。

 

またテストステロンは抗ストレス作用もあるため、

 

①ストレスがたまる

②テストステロンが消費される

③ストレスに弱くなる

④脳がホルモンを分泌するなと命令を出す

⑤テストステロン量が減る

⑥ストレスに弱くなる

④に戻る

となりストレスが蓄積することでテストステロン減少の負のスパイラルが始まってしまうのです。

 

テストステロンが減少する一番の理由はストレスです。

 

職場では責任のある仕事をまかされ、自宅でも奥さんや家族からのプレッシャーがある。

そんな状況ではテストステロンは減少の一途をたどってしまうのです。

 

心休まる時間がなければ気持ちも休まらず副交感神経が優位な状態にならないのです。

 

テストステロンは副交感神経が優位な状態に分泌されますので継続的にストレスがかかると交感神経が常に優位な状態になり脳がカフカになってしまうのです。

 

なのでなんとなくストレス解消をやるのではなく、意識してしっかりとやりましょう!

改善3.日常生活に運動を取り入れる

運動

仕事の大半はデスクワークで、ほとんど運動をしないという方がほとんどではないでしょうか。

あなたはどうですか?

 

私も終日デスクワークで外出がなければトイレや打ち合わせ以外はずっと座席に、そして帰宅するために歩くぐらいしか運動と呼べるものはしていません。

 

というか生活にプラスアルファでジョギングやウォーキングは取り入れるのが気持ち的にも体力的にも厳しいです。

 

明日が休みならまだしも月曜とかからウォーキング…いや、まだ週の初めだし明日からにしようとなるのが目に見えています。

なので運動を取り入れるのであれば、

 

  1. 肉体的な負荷が大きすぎないこと
  2. 用具などの準備が不要であること
  3. 隙間時間でも気軽にできること

 

の3要件を満たしている必要があります。

そこでお勧めしたいのがスクワットです。

 

→ テストステロンを増やす筋トレならスクワットがオススメ!

 

実はペニスは外に出ているのが3/4で残りの1/4は体内に隠れています。

 

隠れている部分は太ももの内側の内転筋という筋肉につながっています。

この構造によりペニスに集まった血液が流れ出さないようないわば門のような働きをしているのです。

 

しかしデスクワーク中心の場合、下半身が弱り筋力が低下しているためこの内転筋につながっているところも弱っている、つまり勃起を継続するための力が低下しているのです。

 

スクワットはこの内転筋を鍛えることができ、勃起維持の効果が高まる上、下半身を鍛えることで血流がよくなり精巣にも酸素や栄養をスムーズにかつ十分に送ることができるためテストステロンの生成力も高まります。

 

 

さらにさらに!

 

筋肉に負荷をかけることで筋組織がダメージを受けると修復するために『テストステロンを分泌せよ!』と脳が指令を出すのでスクワットはダブルで勃起力向上に効果が期待できるんです。

 

改善4.栄養バランスの取れた食事をとる

栄養バランスのとれた食事

当然ですがテストステロンを回復させるためには十分な栄養素も必要です。

亜鉛であったり、アルギニンであったり精力回復に必要な栄養素はもちろん、ビタミンなどもバランスよく摂取することでホルモン生成能力が高まります。

 

年齢を重ねるごとに体内の抗酸化ストレスは高まっていきます。

抗酸化ストレスと言っているのは活性酸素による影響度合いのことです。

 

既にご存知かとは思いますが活性酸素は精力減退だけではなく動脈硬化を起こす血管の硬化をおこしたり老化や見た目の老いも活性酸素による影響なのです。

 

血管が硬化してしまうと一酸化窒素の生成量が十分でなくなり結果的にEDや中折れなどの症状になってしまうのです。

 

特に意識してとりたいのが抗酸化成分の強い食べものと、臭いが強いネギ類やニラがおすすめです。

 

ネギやニンニク、玉ねぎやニラなどの臭いが強い食材にはアリシンという成分が含まれていてテストステロンの分泌を増やしてくれます。

 

しかしアリシンは熱に弱いので普通に加熱してしまうと分解されてしまい期待される効果を発揮できません。

 

でもビタミンB1とくっつくと熱に強いアリチアミンという成分に変化するので調理するときは肉と一緒がいいですよ!

 

なので昔から疲れた時とか精力付けたいときとかにレバニラとか餃子とか、焼き肉とか食べますけど昔の人は経験的にこれらの食材が精力を高めてくれるってわかっていたんでしょうね。

 

テストステロンを増やすには精力剤で勃起力アップを加速!

いかがでしたでしょうか?

 

実はテストステロン回復するためには健康を維持するための基本的な生活習慣の改善がカギだということがわかりますよね。

でも実際にはこれらのうち実行できるのって2つか多くても3つくらいだと思います。

 

そこでもっとテストステロン分泌速度を高めたいのであれば精力剤の併用をおすすめします。

精力剤は怪しいものも数多くありますがしっかりと配合成分や配合量をみて選べばテストステロン回復を加速させてくれるものもあります。

 

→ 中折れに効果のある精力剤はどれ?選び方は?

 

 

hakase

 

私は最終的には精力剤で勃起力を回復しました

 

私ができてるのは改善3と改善4だけです・・・。

 

いや違うんですって!忙しいんです。

だから睡眠時間もだいたい5時間くらいしか取れないし、ストレス溜まりまくりです。

 

朝6時半には家を出て家に帰ってくるのは23時過ぎなのでまぁよく働いてますね笑

それはそれで仕事もしっかり頑張りたいしいいのですが、やっぱり勃起力は低下してきたなって思ってました。

 

前々から感じてはいたんだけどやっぱりそれって認めたくないじゃないですか。。。

でも子供欲しくて連日頑張ってる時に、

 

勃たなくなっちゃったの。

 

 

いや、あれは本気で焦りました。

前戯とかやってイチャイチャしてじゃあ挿れようかなって思っても勃ってない。

 

『あれ・・・?』

 

 

って思ってでも挿れられないからもう少し前戯するじゃないですか。

奥さんから「・・・挿れていいよ」って言われても。

 

博士
勃たないんじゃー(震え声)

 

あの時のことは今でもはっきり覚えてます・・・。

奥さんも泣いちゃうし、次も起きたらッて思うと不安で不安でしょうがなかったんです。

 

何より大好きな奥さんを泣かせてしまっている自分に苛立ちを覚えたという感じですかね。

それでね、もうバイアグラでもいいから試そうかなって調べてたらやっぱり副作用とかあるじゃないですか。

 

だから精力剤を試してみようって思ったんですよね。

なるべく怪しくないやつ笑

 

それで調べていくうちに精力剤ってバイアグラみたいな即効性はないけどテストステロンを増やして根本から回復するためのサポートをしてくれるものだってわかったんです。

でも不安はありましたよ。

 

値段だって安くはないじゃないですか。

1個100円とかならまだいいですけど精力剤ってだいたい1万円前後しますからね。

 

でもやっぱり奥さんには笑ってて欲しいし何より自分も自信を取り戻したかったんです。

 

男として生まれて勃たないって・・・もうそりゃ自信なくしますよ。。。

その時に試したのがFORCEです。

 

 → 精力剤FORCE(フォース)の口コミ評価は?実際に試してみた!

 

もしあなたが私と同じように勃起力回復したいけど時間がなくてとにかく手間をかけずにテストステロン増やしたいのであれば、精力剤がおすすめです。

他の対策もいいのですがやっぱり目に見えて回復してくるのがわかるほうがモチベーション維持にもいいですからね。

 

返金保証があるものもあるので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

→ ガチガチの男になるならクラチャイダムで勃起力アップ!

-テストステロン

Copyright© 精力回復クエスト!勃起力アップに人気の返金保証付き精力サプリランキング , 2017 All Rights Reserved.