男性不妊

lv49 【管理人実践】不妊治療なら精力剤で精液を増やして妊娠確率アップ!

投稿日:

不妊の原因が男性側にあるのは約48%

不妊と聞くと奥さん側のイメージを受けるのではないでしょうか?

実は今、男性不妊も数が増え続けていています。

 

不妊に悩むカップルは10組に1組程度と言われていて、研究者によっては6~7組に1組が不妊に悩んでいるという研究者もいます。

 

不妊の原因については女性のみの原因の場合が41%、男性のみの場合24%、男女ともに影響があるのが24%、不明が11%となっています。

男性側に原因がある可能性はなんと48%にもなるという実態があります。

 

しかし冒頭にお話した【不妊】という状況に対するイメージは女性が強いためどうしても治療が遅れてしまうのです。

男性不妊の原因は?

そんなに不妊の男性なんていないでしょと思うかもしれませんが実際、私をはじめ大学の同期の2人が不妊で悩んでいました。

実は話さないだけで男性不妊は意外と身近な問題なのかもしれませんね。

 

それでは男性不妊の原因はなんなのでしょうか?

問題は大きくわけて3つに分けられます。

 

晩婚化による精子の質の低下

卵子は年齢を重ねるごとに老化していくというのは有名な話ですが、実は男性側の精子についても同じことが言えます。

私が実際に精液検査を受けた時に言われたのが、

 

『知らないかもしれないけど精子も35歳過ぎだら劣化していくからね。子どもほしいなら早いほうがいいよ。』

 

という衝撃の言葉でした。

研究をまとめた記事も掲載されていますので参考までにご覧ください。

 

精子が加齢によって劣化していくとDNAが損傷していたり染色体異常の精子の数が増えてきます。

そのような精子は受精卵になかなかなりづらいだけではなく、仮に受精卵になったとしても着床率が悪かったり流産の原因になったりします。

 

晩婚化で夫も妻も年齢があがっています。

しかし出産できる年齢というのは限られているので可能な限り精子の質をあげ、万全の状態で愛する奥さんとのセックスに臨む必要があるのです。

過剰なストレスによる活性酸素の大量発生

現代はストレス社会と比喩されるくらいにさまざまなストレスがあります。

 

会社では上司と部下との間に挟まれ、家では奥さんとのケンカもあるでしょう。

そんなさまざまなストレスを感じると脳下垂体はホルモンを出さなくていいよという命令を出してしまいます。

 

当然男性ホルモンもその影響を受けます。

男性ホルモンはストレスに対する抗ストレス作用がありますが、ホルモンの分泌が停止されるのでストレスを感じやすくなってしまいます。

 

ストレスを受けやすくなっているのでさらに活性酸素が発生し、抗酸化作用をもつビタミンCや、さらに男性ホルモンが消費されていってしまうのです。

本来であれば身体を正常に保ったり、健康に保つための成分が別の用途として使われてしまうために全体的に不足してしまい結果としては免疫力の低下、男性ホルモン減少による精力や性欲の低下などが起きてしまうのです。

 

また男性ホルモンは精子や精液を作るのにも重要な働きをもっています。

男性ホルモンの刺激によって精子や精液は作られるので同じように影響を受けることは理解できますよね。

 

乏精子症による精子生成機能低下

男性不妊の原因で一番多いのが乏精子症(ぼうせいししょう)と呼ばれる疾患です。

漢字の通り、精子の数がすごく少ない疾患になります。

 

乏精子症の原因ですが精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)、造精機能障害、原因不明という3つの主な原因があります。

男性不妊の25%~40%程度が該当する乏精子症で、精索静脈瘤の場合には手術してこぶの部分を削除し、造成機能の場合には数自体はそれほど爆発的に増えることはないため精子の質をあげることで妊娠力をアップさせる必要があります。

セックスしても子どもができないならまずは精液検査を!

seieki

セックスしても子どもができないのであれば夫婦そろって不妊検査を受けた方がいいです。

男性は仕事がとかいって敬遠しがちですが不妊は夫婦の問題です。

 

奥さんだけがとかいう話ではありませんのでまずはしっかりと奥さんと話して、本当に子どもがほしいのか。

ほしいのであれば一緒に頑張っていく決意を話しましょう。

 

元気な博士

不妊治療はお金も気持ちも大変なものじゃ。じゃが子どもを授かる喜びはそれ以上のものがあるから頑張ってほしいぞい。

 

精液検査を受けると病院によってはこんなレポートをまとめてくれます。

精液検査結果

精液所見といって精子の数であったり、運動率であったりいろんな数値を見て判断をします。

精液検査は日によってぶれ幅が大きい検査でもあるのである日結果が悪かったからといっても落ち込む必要はありません。

 

何度か受けて自分の平均値を知ることが大切です。

精子の質をあげるための3つの方法

不妊治療は奥さん治療に比べ、旦那さん側もしっかりと改善していく必要があります。

基本的には精子の質をあげる、精液の量を増やすという対策を行うことになります。

 

精子の質は良質な受精卵を作るために必要なのはわかると思います。

それでは精液の量は何に関係するのかわかりますか?

 

精液は精子を包んで子宮の奥まで精子を運ぶ役割があります。

精液の量が少なければ膣内の膣間で精子を守り切ることができず全滅してしまいます。

苦笑いする博士

ワシ年取ってから精液の量、かなり減ってきた気がする・・・。だから嫁ちゃん妊娠できないのかもしれんのじゃ。。

その一方で精液がしっかりと作られ精子が保護されていればそれだけ受精する可能性があがってきます。

 

活性酸素対策をする

活性酸素は身体を錆びさせる怖い物質です。

精液を生成する精巣も活性酸素のダメージを受けます。

 

活性酸素は少量であれば体内のバリア機能の一環として働き、守ってくれます。

しかしその量が増えてくると正常な細胞を攻撃したりDNAにまでダメージを与える怖いものでもあります。

 

お肌の老化や、シミ、しわなどもこの活性酸素によるものです。

活性酸素は無害化するための仕組みが体内にはありますが先ほどご紹介したようにさまざまなストレス要因があるため、過剰になりダメージを受けてしまっています。

抗酸化作用のある栄養をとしてビタミンCやポリフェノールなどがあります。

生活習慣の改善を行う

生活習慣も精子の質をあげる大切な要素のひとつです。

食生活の見直しをしたり、睡眠の質をあげるなどまずは取り組めることからはじめてみるのがいいですね。

 

サプリメントで精子に質や量をあげる

精子の質をあげるためには活性酸素対策やアルギニンなど精子のもとになる栄養素をしっかりと摂取することが大切です。

生活習慣の改善も大切なのですが栄養が不足していればそもそも精子の製造自体にも影響がでてきます。

 

アルギニンや亜鉛など精子や精液に必須な栄養素を効率よく摂取するのであれば精力剤がおすすめです。

実際に私も試しましたし、安心・安全な精力剤の選び方も記事にしているので参考にしてみてください。

 

⇒ 中折れに効果のある精力剤はどれ?選び方は?

体外受精は万能にあらず!奥さんの身体に負担をかけていることを知ろう

私は精子の質をあげるとともに、最終的には奥さん側の問題もあって体外受精にしました。

しかし採卵したその日の帰りに、麻酔が合わなかったのは電車を待っているホームで急に体調が悪くなって痙攣して意識を失いました。

 

結果的には大事には至らなかったですが、あのときは本当に血の気が引きました。

体外受精は確かに子どもを授かりたい方には画期的だと思います。

 

しかし同時に奥さんに相当な負担をかけているということは頭にいれておいていただきたいと思います。

 

元気な博士

精力剤は栄養素の塊だぞい。しっかり精液も精子も増やして楽しい家庭を築いて言ってほしいぞい。

 

TOP

-男性不妊

Copyright© 精力回復クエスト!勃起力アップに人気の返金保証付き精力サプリランキング , 2017 All Rights Reserved.