精力回復

lv8亜鉛と精力回復の関係は?テストステロンを増やすのか?

更新日:

アーエン村のバケモノを倒した博士一行。

 

村長から奉事に亜鉛の報酬をもらうことに成功した。

 

元気な博士

これでワシも精力回復もりもりじゃ!

 

 

僧侶「博士ー、ところで亜鉛ってどんな効果あるの?」

 

 

元気な博士

だから、精力もりもりなんじゃ!

 

 

僧侶「どんな風に・・・?(ニヤニヤ)」

 

 

苦笑いする博士

・・・。

 

苦笑いする博士

ワシが調べてくればええんじゃろ・・・。シクシク・・・。

 

亜鉛は精力だけじゃない人体に欠かせない微量ミネラル

まず亜鉛は人体にとって必要な微量必須ミネラルです。

 

亜鉛は体内で生成することができないので外部から摂取する必要があります。

 

亜鉛の効果として、

 

  • 蛋白質の合成、細胞分裂の促進
  • 皮膚や髪の健康
  • 免疫力向上
  • 性機能維持
  • アルコールの分解
  • 味覚の正常化
  • 活性酸素除去効果
  • ホルモンの合成促進

などがあげられその働きは多岐にわたります。

 

「誰かさんとは大違いですね!」

 

苦笑いする博士

え・・・?ワシ・・・?

 

亜鉛は精力回復に効果がある・・・?はい、あります!

亜鉛は精力回復に効果があるのか?と聞かれればその答えはYESです。

 

 
→ 勃たないなんてもうやめて元気になりましょう!
 

精力剤と呼ばれるマカ、トンカットアリ、クラチャイダム、そして色々な精力剤には必ずと言っていいほど亜鉛が豊富に含まれています。

 

先ほど軽く亜鉛の効能について触れましたが、もう少し詳細に亜鉛がどう精力回復に効果があるのかをご紹介していきますね!

 

蛋白質の合成、細胞分裂の促進で精子の製造を加速!

我々の体もそうですが、精子についても細胞分裂の結果うまれてくるものになります。

 

ある程度健康であればいいのですが、年齢を重ねるにつれてやはり体のリズムが狂ってきたり働きが鈍くなってきます。

 

例えば怪我をしたときとかもそうですよね。

 

昔はすぐ治ったのに、最近治りが遅くて・・・といったことありませんか?

 

また爪などもそうですよね。

 

昔は結構頻繁に切らないと伸びてきたのに、あれ・・最近最後爪切ったのいるだっけ?

 

みたいな感じでどんどん体の細胞の入れ替わりも劣化してきます。

 

精子や精液にも同じことが言えます。

 

蛋白質の合成や細胞分裂が加速するということは精子や精液を製造する量が増えるということです。

 

射精や勃起は子を残すためにするものです。

 

したがって子を残すための鍵となる精子や増えるということはそれだけそれを体外に排出しようとして勃起力の回復、そして精力の回復に効果があるんですね。

 

亜鉛の性機能維持!それは精液と精子の製造にほかならない!

先ほど軽く触れましたが精子や勃起は受精するため、ひいては子孫を残すための体の機能なんです。

 

ですので精子をたくさん作り、精液が濃くなれば体はそれだけ子孫を残すチャンスだと感じて勃起力も精力も回復してくるんですね。

ただ気持よくなるためだめに精子を作ったりしているわけではないんですよ。

 

ね、博士?

 

 

苦笑いする博士

なんでワシだけ・・・涙。

 

射精1回で約2mgの亜鉛が失われると言われていますから、一日何回も頑張りたい人は亜鉛を多めに摂取する必要があります。

 

精子ができるまでは約74日間かかると言われています。

 

あれ?3日で満杯になるって聞いたけどっていう人は精液の話ですね。

 

精子も精液にも大量の亜鉛が使われますのでしっかりと補充して上げる必要があります。

 

元となる栄養源がなければいくら精巣が頑張っても精子や精液を作ることはできません。

 

また原料が不足した場合その量の低下だけではなく質にも影響ができます。

 

精液の減少は快感の減少だけじゃない!精子のDNA劣化に注意!

精子や精液の原料の亜鉛が不足すると当然製造量が減ってきます。

 

特に気をつけていただきたいのが精液量の減少です。

 

子作りを考えている人はしっかりと抑えて欲しいのですが、

 

女性の膣内は酸性です。

 

精子は酸性に弱いんですね。

 

そこで登場するのが精液です。

 

アルカリ性の精液でしっかりと包んであげることで女性の膣内の環境を中和し、子宮頸部へとはいっていきます。

 

子宮頸部は弱アルカリ性なのでそこまで入れば大丈夫だということなんですね。

 

しかし精液の量が少なかったらどうでしょうか。

 

しっかりと保護してくれるものがないまま、突入です。

 

裸で戦場にいくようなものなんですよね。

 

 

それじゃあ生き残れないんです。

 

ですので子作りを考えている人は特に亜鉛を摂取してしっかりと精液、精子を作ってあげることを意識してくださいね。

 

活性酸素除去で精巣も精子を守れ!

活性酸素は肌を錆びさせる悪いやつ。

 

そんなことを聞いたことありませんか?

 

活性酸素は確かに増えすぎると悪い存在になりますが、適度であれば免疫作用として働くいい面もあるんです。

 

しかしながら現代は活性酸素を発生させる要因が多すぎて過大になっているので活性酸素=悪者という構図が出来上がっているのかもしれませんね。

 

苦笑いする博士

ワシもいつも悪者扱い・・・。

 

 

ははっ・・・

 

苦笑いする博士

なんなんじゃ・・・。その乾いた笑いは。。

 

さてまず現代人の体には活性酸素が過剰になっているという点を抑えてもらいました。

 

活性酸素は私達が何か生きていくための活動、呼吸や、体内での様々な反応の全てで発生してきます。

 

これは体のつくり上しょうがないです。

 

その他にも、

 

  • ストレス
  • 紫外線
  • 電磁波
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 食品添加物
  • 大気汚染
  • 激しい運動

 

などなどもう本当にえ?それもダメなの?っていうくらいに活性酸素の発生源は無限にあります。

女性の場合、子宮が活性酸素に弱いというのはもはや常識かもしれませんが、男性の場合は精巣が活性酸素に弱いんですね。

 

 

活性酸素に弱いってのは具体的に以下のようなことです。

 

  • 受精能力の低下
  • 胚の生育不良
  • 流産
  • 子の先天性異常
  • 発ガンリスクの上昇

 

これは活性酸素により精子のDNAが傷つけられることにより発生します。

 

また海外の論文では男性不妊患者の約30~80%は酸化ストレスによるダメージが見られるという報告もあります。

(※Oxidative stress and male infertility - a clinical perspective. Human Reproduction Update 2008;14(3):243-58.)

 

 

その他にもシステマティックレビューでは体外受精や顕微授精をうけている不妊カップルの男性が抗酸化サプリを摂取することで妊娠率や出産率が優位に上昇することも確認がされています。

(※Antioxidants for male subfertility. Cochrane Database Syst Rev 2011;1:CD007411.)

 

それくらい今の人達の体って活性酸素でやられてるってことなんですよね。

 

精力の源!男性ホルモン分泌のための成分促進作用がある!

亜鉛のすごいところがこれです。

 

成長ホルモンの分泌を促すための成分を合成する主要な栄養素だってことですね。

 

成長ホルモンは男女問わず生きている限りは分泌されます。

 

しかしその分泌量は加齢と共に減少していきます。

 

すると男性でいえば精力であったり、女性であれば美しさやハリといったものが失われていくんですよね。

 

亜鉛とアルギニンを主原料とするGHリリーザーという物質。

 

これがあるから精力剤には亜鉛とアルギニンが必ずといっていいほど含まれているんですね。

 

 

亜鉛は微量しか摂取しなくていいがそれが難しい!その理由とは?

亜鉛に一日あたりにの推奨摂取容量は男性12mg、女性9mgと大したことない容量のように思います。

 

しなしながら平均的な摂取量は男性8.8mg、女性7.2mgと不足しています。

 

現代人に亜鉛が不足しているのにはちゃんと理由があるんです。

 

現在人に精力の源、亜鉛が不足している理由!

日本はもともとミネラルの少ない土壌!意識して摂取する必要がある!

不足している理由としてはもともと日本の土壌は海外に比べてミネラルが少ないことがあげられます。

 

水とかでもそうですよね、欧米のものは湧き水でも硬水で、日本では軟水です。

 

軟水、硬水は水中に含まれるミネラルの濃度で決められます。

 

こういった視点で見てみても日本の土壌がミネラルが少ないことがあげられます。

 

土壌にミネラルが少ないのでそこで育つ食物にもミネラルが不足しがちです。

 

農薬や化学肥料によってミネラルが不足している!

土壌にそもそもミネラルが少ないのに比べ、近代では化学肥料もさらに追い打ちをかけています。

 

土壌にはすでにご存知のように大量の微生物が住んでいます。

この微生物が様々な代謝を行うことで栄養を生み出したり、ミネラルを生み出したりしています。

 

しかしながら化学肥料や農薬はこの微生物を殺してしまうんですね。

そして成長に必要な栄養だけを与えるので成長は早いのですが栄養的にはスカスカの状態になっているということなんですね。

 

だからこそ、有機野菜とかにこだわる家庭があるのも十分に理解ができます。

 

しっかり野菜を食べてるのになんだか体の調子があがらないなって人は、野菜そのものがミネラルや栄養が不足しているのかもしれません。

 

食品添加物の多い食生活は亜鉛の吸収を妨げている!

あなたが一日のうちで1回も食品添加物を口にしないという日はありません。

 

もしあなたがすべての食べものを自分で作って調理しているのであれば可能性としてはなくはないですがそんなことはないでしょう。

 

朝はパンや、シリアル。

 

お昼はコンビニ弁当や、1コインで食べられる昼食。

 

夜はビールに揚げ物、スーパーで買ってきた惣菜。

 

 

これらにはすべて食品添加物が入っています。

 

そもそも食品添加物はあるべき自然の状態を妨げるような成分ですので自然ではないんですよね。

 

例えばフィチン酸

 

これは穀物や豆が原料の製品やインスタント食品に含まれているんですがカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルと結合する力が強く、体内への吸収を妨げるんですね。

 

あなたがせっかく栄養考えて食事をとったとしても体内に吸収されずに体外にいってしまう。

 

だから亜鉛を取っていないのと同じことなんですね。

 

他にもポリリン酸というものもあります。

 

これはスナック菓子やインスタント食品に多く含まれるのですが、ポリリン酸カリウム、ポリリン酸ナトリウムの形として使われることが多くリン酸ナトリウムという名称で入っていることもあります。

 

またこのポリリン酸ですがかまぼこや、清涼飲料水にも入っているんです。

 

このことからもわかるようにあたなの身の回りには食品添加物が溢れているんですね。

 

亜鉛の吸収を妨げる以前に救出率が悪い!え?5%・・・?

亜鉛の吸収を妨げる成分の話をしてきましたが、そもそもです・・・・。

 

そもそも亜鉛って吸収率がクソほど悪いんです。

 

汚い言葉使いになりましたがそれくらい本当に吸収率が悪いんですよ。

 

 

厚生労働省の発表によると、

 

亜鉛は、体内に約 2, 000 mg 存在する56)。主に骨格筋、骨、皮膚、肝臓、脳、腎臓などに分布し57)、ほとんどがたんぱく質などの高分子と結合している。腸管からの吸収率は約 30% という報告もあるが、摂取量によって吸収率が変わるとされている。(厚生労働省6. 2. 2.亜鉛(Zn)より引用)

 

30%・・・。

 

取りづらい、不足している、吸収が妨げられるッて言われて、更に救出率どんだけwwって感じじゃないですか?

 

さらにもっと調べてみると、

 

亜鉛の吸収部位は十二指腸です。吸収される形は,アミノ酸などの低分子との錯体がもっとも適しているといわれています。その吸収率は,5~10%あるいは20~40%と報告者によりさまざまです。(ゼリア新薬のHPから)

 

( д) ゚ ゚

 

 

5%!?

 

なんだそれは笑ってレベルの吸収率でした・・・。

 

そこで少しでも吸収率をあげるために役立つ栄養素も調べてみました。

 

 

亜鉛の吸収率をあげる成分!これをしっかり抑えて効率アップ!

クエン酸

梅干しやレモンに多く含まれているクエン酸には亜鉛、鉄、カルシウムと一緒に摂取するとミネラルを包み込んで保護しれくれる作用があります。

 

これをキレート作用といいます。

 

どっかで聞いたことあるなぁっと思ったらキレートレモンっていうのみのもありますよね。

 

あの飲み物もキレート作用があるよってことをイメージさせたいんでしょうね。

 

 

ビタミンC

クエン酸と一緒にとることでクエン酸のキレート作用を強める働きがあります。

 

なのでビタミンCとクエン酸を一緒にとることで亜鉛の吸収率をあげることができます。

 

食物繊維などは亜鉛の吸収率をさげますが、キレート作用で保護されていれば吸着される体内に吸収されその効率は断然違います

 

動物性蛋白質

肉類、魚類に含まれる動物性蛋白質を一緒にとることで亜鉛の吸収率があがります。

亜鉛の吸収率を下げる食物繊維やフィチン酸の影響を低下させる効果もあります。

 

亜鉛だけを摂取すればテストステロンが増えるわけではない

精力回復には亜鉛やアルギニンがいいっていうとそれだけを一生懸命取ろうとする人がいますがそれでは増えません。

 

体の中では色んな栄養素が互いに助け合いながら効果を高めていっています。

 

また亜鉛はテストステロンを直接増やすものではなくて、ご説明してきたようにGHリリーザーといった成長ホルモン分泌促進物質を構成してその働きによって分泌量を増やします。

GHリリーザーは亜鉛、アルギニン、アスパラギン酸、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウムといった様々な栄養素が必要になります。

 

これらの栄養素を考えながら食事をとるのも大変だと思うので賢く栄養素をとるのであればやはりサプリメントがおすすめですね。

 

FORCEなどの精力剤は精力回復のための成分が調整されているので一番いいのですが金額が高めなのが難点ですね。

 

もしまずは手軽に試してみたいというのであれば牡蠣サプリがおすすめです。

 

牡蠣は海のミルクと呼ばれる栄養たっぷりの食品です。

 

もちろん牡蠣をそのまま食べて頂いてもいいですが、一年中牡蠣をお取り寄せのもなかなか大変ですよね。

 

家が牡蠣の殻だらけになっちゃう笑

 

牡蠣は必須アミノ酸20種のうち、なんと19種も取れる上、亜鉛を始めとするミネラルも豊富に含まれています。

 

サプリメントなので気軽に持ち運べるという点も嬉しいですね。

 

気になるかたはまずは牡蠣サプリからはじめてみて、体調の変化を観察してみてもいいかもしれませんね。

 

icon-finger1-r

海乳EX

牡蠣の名産地広島産の牡蠣を使用。人の手でひとつひとつ丁寧に取り込んでいき、医薬品なども手がけている厳重な品質管理されている工場で加工します。

海外から輸入されたものではなく採取から製造まですべて国産の安心なサプリ試してみませんか。

 

海乳EX

★人体に必須なアミノ酸20種類中、19種類が摂取できる!

 

★アミノ酸だけでなく、ミネラルビタミンもバランスよく摂取できる!

 

1日あたり約61円の気軽に試せる価格設定

 

→ 精力回復に必須な亜鉛で身体の奥から感じてみませんか?

 

 

亜鉛と精力回復の関係はのまとめ

亜鉛は結論からいうとテストステロンを増やすのに間接的に関与します。

 

そのためにはしっかりと亜鉛を補給するとともに、他の栄養素もとってあげることで健康で元気な体になり、ホルモンの分泌量があがりますのでまずは食生活を見なおしてみてはいかがでしょうか。

元気な博士

今回のまとめじゃ!

  • 亜鉛は人体に必須な栄養素、しかし取りづらいの意識して摂取しよう!
  • 亜鉛は吸収率も悪いので補助する栄養素と一緒にが基本。
  • アミノ酸や亜鉛、ビタミンが一緒に摂取できる牡蠣サプリがおすすめ
  • そしてレベル9じゃ!そろそろ次の町に向かうぞい!

-精力回復

Copyright© 精力回復クエスト!勃起力アップに人気の返金保証付き精力サプリランキング , 2017 All Rights Reserved.