テストステロン

lv28決定版!勃起力の改善に精力剤が最適な理由と売れてる人気の精力剤5選

更新日:

勃起したときの角度やばくね・・?」「挿入しようと思ったら硬くならなくて挿入できなかった・・・」こんなマジかよという経験をしたことありませんか?

  • ペニスがそそり勃つどころか力なく下を向いている
  • 集中しないと勃起状態を維持できない
  • 挿入しようとしたら柔らかくて挿入できなかった
  • 一度、萎えてしまうと再び立たせるのが難しい
  • 妻からセックスに誘われるのが怖い

いや、このページにたどり着いたあなたはきっと経験があることでしょう。

別にセックスができなくて死ぬわけではないですが、子作りであったり愛するひととの時間をもっと楽しみたいなら勃起力はとても重要です。

結論からお伝えすると勃起力を改善する最速で一番おすすめの方法は精力剤です。

 

他にもいろんな方法があるのに精力剤がなぜ一番おすすめなのかを3つのポイントでお伝えします。

勃起力改善にいろいろな方法があるのに精力剤が最適な3つの理由

勃起力を改善するにはいろいろな方法がありますがその中で一番のおすすめは精力剤になります。

  1. 時間がなくても続けられる
  2. 日常生活を変える必要がない
  3. 変化を感じやすい

時間がなくても続けられる

ホルモン注射以外の方法は結果がでるまでに年齢によっても実感できるまでの期間は違いますが2〜3ヶ月じっくりと取り組まないといけないというデメリットがあります。

「じゃあホルモン注射でいいんじゃない?」と思うのは当然の話。

でもホルモン注射には睾丸萎縮という超デメリットがあるので男性更年期障害の一時的な対処以外にはおすすめしません。

後ほど紹介しますが、運動や食生活の改善も数日であればまだ頑張れますが数ヶ月単位で制限をかけるのはかなり意思が強くないと続かないものですよね。

 

とくに残業続きで忙しいと食事も濃い目のものだったり、運動する時間なんてとても・・・という経験あると思います。

勃起力の改善で大切なことは1日でドカッっと対策をするのではなく少しでもいいので毎日継続することです。

なので無理しなくても、短時間でサクッとできるかどうかが大切になってきます。

サプリメントであれば水さえあれば飲むことができるので家で飲めなくてもサプリケースにいれて持ち歩けば隙間時間で30秒もあったら終わりです。

日常生活を変える必要がない

精力もりもり

あなたも今までに一度はダイエットしたことありませんか?

ダイエットするときって夜9時以降は水以外飲まないとか、毎日30分ウォーキングするとか今までの生活を変える必要がありますよね。

今までと違う生活リズムにかえることは知らずしらずのうちに精神的な負担にもなり勃起力改善にもあまりいい状態とは言えません。

 

勃起力改善には生活習慣の改善やお酒や、タバコを減らすことも有効ですが、できるなら我慢したくないというのが本音ではないでしょうか。

正直1日に数本減らしたところで目に見えて効果がでるかというとそういうわけでもないですからね。

無理な努力は続かないし、続かなければ意味がありません。サプリなら日常を変えることなく生活にとりこめるので負担やストレスも限りなくないのでおすすめです。

変化を感じやすい

精力剤は勃起力改善に必要なテストステロンの原料の塊。

年齢とともにテストステロンの生成量は減ってきますが、その理由はテストステロン生成に必要な栄養素の減少と身体の機能のサビつきです。

 

減少した栄養素を身体に吸収しやすい形にしたサプリでしっかりと補充してあげることでテストステロン生成をサポートし、勃起力改善に働きかけるわけですね。

生活習慣の改善やスクワットで下半身を鍛えることで血流を増やすといった対策ももちろん有効ですが、やはり精力剤に比べると時間もかかり効果も目に見えてということはありません。

どんなサプリがおすすめ?勃起力改善におすすめのサプリメントの選び方

精力剤の世界はまがい物も多い世界なので選ぶときにはしっかりとポイントをおさえて選ぶ必要があります。

なんでもいいからまずは安いもので試してみよってのはゼッタイNG。

時間もお金も、そして健康さえも失う可能性があります。

 

選ぶときは次のポイントに着目して選びましょう。

  1. 成分量が明記してあるか必須
  2. 国産必須
  3. 返金保証がある

精力剤に配合されている成分が明記してあるか

成分に関するポイント

・アルギニンと亜鉛が1日1,200mg以上
・クラチャイダムなら1日1,000mg以上
・亜鉛は1日最低10mg以上
・酵母亜鉛なら吸収率も◎

さきほど軽く触れましたが精力剤はまがい物も多いのが現状。

「飲んで即実感!」「ペニスがおさまらなくて彼女がはなしてくれません笑」みたいな精力剤は論外なのでゼッタイにやめましょう。

そういう精力剤に限って成分量が明記されていなかったりします。

 

成分で勃起力改善に必要なメイン栄養素はアルギニンとシトルリン、そして亜鉛になります。

とくにアルギニン、シトルリンは身体の血流改善やテストステロン生成にも不可欠な栄養素になるのでタップリはいっているのが好ましいです。

目安としてアルギニンとシトルリンの合計で1日あたり1,200mg以上摂取できるものを選びましょう。

 

クラチャイダムはタイ原産のハーブでアルギニンや亜鉛などが豊富で滋養強壮や精力増強、疲労回復やED改善にも効果があると言われています。

クラチャイダムの場合には、アルギニン以外にもさまざまな栄養素が配合されているのでアルギニン量だけでは判断できないため、1日あたり1,000mg以上を目安にしましょう。

 

亜鉛は1日あたり最低でも10mg以上摂取できるもので且つ、酵母に亜鉛を食べさせた酵母亜鉛が配合されているものが吸収率も高くなるのでおすすめです。

国産でGMP認証があると安心

品質に関するポイント

・海外製は品質や成分量が怪しい
国産でGMP認証取得のものが無難

精力剤はアメリカや東南アジア原産のものまで幅広く販売されています。

ただし、安全かどうかというとそれは別の話です。

とくに東南アジア系の精力剤は何が配合されているかわからず、衛生面や品質面でもかなり怪しいので避けるべきです。

バイアグラも偽造品がよく出回りますが東南系のものは着色に絵の具を使うなど本当に酷いありさまです。

成分量も日本で認可されている以上のものが配合されていれば健康被害を及ぼす可能性も否定できません。

勃起力がけ改善しても別の問題が発生しては意味がありません。

選ぶなら国産でGMP認証という品質に関する認証を取得している精力剤を選びましょう。

返金保証があると万が一でも安心

せっかく選んだ精力剤もすべての人に副作用や身体にあわないといったことが起きないわけではありません。

精力剤は1万円前後するので身体に合わなかったからといってカンタンには諦めきれませんよね。

返金保証がついていれば身体にあわない場合でも全額返ってきますので安心です。

返金保証は対象商品が決まっていたり、ほとんどの場合は商品のパッケージや付属品が揃っていてはじめて返金しますということが多いので注意事項を読んでから購入するようにしましょう。

勃起力改善におすすめの成分たっぷりの人気精力剤サプリ5選

精力剤を選ぶポイントが決まりました。

  1. 成分量が明記してあるか必須
  2. 国産でGMP認証取得必須
  3. 返金保証付き

あとは好きなものを選んでいただいて構いませんが、正直比較するのってだるいです。

そこで忙しいあなたのために、代わりに選定ポイントを満たす精力剤を中心に選んでみました。

アルギニン系、ランペップ系、クラチャイダム系でそれぞれ選んでいますので参考にしてください。

サプリ名 主な成分量
(1日あたり)
価格 返金 公式
バイタルアンサー アルギニン1600mg
シトルリン500mg
亜鉛20mg
12,960円  

最安値

FORCE アルギニン1200mg
亜鉛20mg
12,980円  

最安値

GHプレミアム アルギニン1000mg
シトルリン500mg
亜鉛15mg 
12,900円  

最安値

レッドドラゴン ランペップ500mg
マカ300mg
亜鉛9mg
9,800円  

最安値

マカ&クラチャイダム12000 クラチャイダム2000mg
マカ200mg
アルギニン200mg
亜鉛10mg
3,600円  

最安値

 

はじめて試される方はいろいろ配合されている精力剤より、今回紹介した成分がはっきりしているものを選ぶのが無難です。

史上最強のアルギニン量・バイタルアンサー!

  • 史上最高の1日あたり1,600mgのアルギニン!
  • シトルリン500mg、オルニチンや亜鉛20mgと最強!
  • 全額返金保証&お得な特典付き(残りわずか!)

 

史上最高の1日あたり1,600mgのアルギニンがとれるバイタルアンサー。

最強の精力剤で一気に勃起力アップを加速!

もう勃たないなんて言わせない、伝説の剣をあなたの元へお届けします。

 

心因性EDにもおすすめ!FORCE(フォース)

  • EDで悩んだ店長だからこその成分高配合
  • 同時摂取がおすすめなオルニチンチロシンも高配合
  • 39日間の安心返金保証付き

EDに悩んだ店長だからこそ開発できた精力サプリ「FORCE」

単にアルギニンだけを摂取すればいいという考えではなくメンタル的な安定もしっかりと考慮されたサプリメント。

 

身体に吸収しやすくされた栄養素であなたの弱った勃起力に優しく働きかけます。

完全無添加なので子作り時の精力回復にもおすすめです。

アルギニンとクラチャイダムのいいとこ取りなGHプレミアム

GHプレミアム
  • 24種類の栄養素で年齢を重ねた身体を強力サポート!
  • 40日間の全額返金保証

1日あたりアルギニン1000mg、シトルリン500mg、亜鉛15mgとなにげにすごいGHプレミアム。

長年変わらぬデザインはある意味完成された精力剤だからではないでしょううか。

トンカットアリやクラチャイダムも配合されているのはGHプレミアムだけ!

  • 滋養・増大でも人気ランペップ系最強精力剤!
  • リピート率94%と超人気!
  • 90日間の全額返金保証期間限定

増大サプリでも人気の1日あたり500mgもランペップを配合したランペップ系最強の精力剤

マカや亜鉛など独自の配合で黄金バランスを実現。

クラチャイダムやアルギニンでは効果が感じられなかった人におすすめしたい精力剤です。

コスパ最強!手軽に試してみたいならマカ&クラチャイダム12000

  • 1日あたり150円と手軽に試せる低価格
  • マカ、クラチャイダムに加えアルギニンも高配合
  • バリン、ロイシンなど必須アミノ酸も摂取できる!

手軽に試せる価格設定が嬉しいマカ&クラ12000。

今なら数量限定で初回分が990円でお得に試せるキャンペーン実施中。

 

『最近ちょっと疲れやすい』というあなた、まずは手軽に試せるマカクラで漲る勃起力を取り戻してみませんか?

基本的にサプリのサイズってあまり差がありません。なので入れられる成分量って決まってるんですよね。

あれもこれも入れるってことはひとつあたりの成分量はどうしても抑えないと入り切りません。

結果、中途半端になるくらいならまずはアルギニン、シトルリン、亜鉛といったあたりの超重要成分中心で試してみるのがおすすめです。

慣れてきたらいろいろ試してみるのはありだと思います。

そもそも勃起力が低下してきた原因・理由はテストステロンの減少

そもそも勃起力が若い頃に比べて低下した原因や理由の主たるものはテストステロンの減少です。

テストステロンというのは男性ホルモンの一種で、性的興奮や勃起力にも直結します。

 

テストステロンが一番作られるので思春期の第二次性徴期。

ペニスが大きくなったり、あふれるほど性欲やそそり立つほどのペニスの状態を考えるとテストステロンが勃起力改善に必須な成分であることは間違いありません。

テストステロンは体内で生成されますが、性徴期をピークにあとは減少していくだけ。。。

残念ながら20代のようにビンビンにということは正直難しいですが、しっかりと対策を行うことで今の状況を改善していくことは可能です。

テストステロンと勃起の仕組み・メカニズム

テストステロンと勃起の関係がわかったようでわからないと思うのでちょっと図でまとめてみました。

テストステロンが勃起に関係する働きは次の3つになります。

  1. 性的欲求をおこさせる
  2. 一酸化窒素を生成しペニスの血管を弛緩させる
  3. 精液を合成し快感を増幅させる

性的欲求をおこさせる

テストステロンは性欲と直結するホルモンです。

ちょっと前に草食系男子なんて言葉が流行りましたが、草食系男子はテストステロンが低いのが特徴です。

男性外来で典型的草食系男子の男性ホルモン(遊離テストステロン)値がすごく低いことが判明

(引用:池岡院長ブログ)

繰り返しになりますがテストステロンは10代後半〜20代前半がピークでそこから減少していくのでテストステロンの減少に伴い性的欲求も低下してきたというのは辻褄があいます。

勃起力を改善するためにもテストステロンの回復は必須になります。

ペニスの血管を弛緩させる

テストステロンの超大事な働きのひとつです。

ペニスが勃起するの仕組みはテストステロンが性的興奮に応じて一酸化窒素を生成します。

一酸化窒素の濃度が高まるとサイクリックGMPという成分に変化し、ペニスの血管を弛緩させます。

ペニスの血管が弛緩すると血液が流れ込み、勃起状態になるということになります。

 

余談ですがサイクリックGMPはいつまでも存在しているわけではなく、PDE5という酵素によって別のホルモンへと分解されてしまいます。

PDE5が勝つといわゆる勃起状態がおさまり萎えた状態になります。

つまりテストステロンが減ってきた今は勃起させる力より、抑える力が勝ってしまっている状態とも言えます。

精液を合成し、快感を増幅させる

ペニスが勃起して、最後に射精をすることで快感を感じます。

見た目的な快感もそうですが、たくさん精液がドピュってでるとすげー気持ちいいですよね。見た目的にもやった感じになります。

これは人間の種を残すための仕組みにもつながるのですが、精子が生成されるとそれを出そうとする働きが強まります。

精子の生成にはテストステロンも深く関係しているので、テストステロンが増えれば快感増もつながるということがわかりますね。

最速で勃起力を改善するなら続けやすい精力剤で決まり!

勃起力を最速で改善するなら精力剤が精力剤がおすすめな理由がわかっていただけたのではないでしょうか。

なんだかんだ人間、楽な方に流れてしまうので辛いことや手間がかかることはどうしても続きません。

「勃起力あげないと・・・あんた死ぬわよ」って言われたら頑張れるかもしれませんが食事制限や毎日欠かさず行う運動、禁煙・禁酒。

俺は一体何のために生きているんだと思うような日々に耐えられるのであれば精力剤以外の方法でもいいかもしれません。

ただし、大事なことなので再度お伝えしますが勃起力を改善するのには数ヶ月はみこんでおく必要があります。

 

一時的に勃起させたいのならバイアグラやレビトラなどED治療薬がありますが、あくまでも一時的に勃起させるだけです。

頭痛や胸焼けなどの副作用がでる場合も多く、快楽が増すわけでもありません。(自信を取り戻すという目的には使えます)

 

そうではなく、自分の身体に本来備わった力を取り戻すように働きかけるのが安全で、安心な対策なのではないでしょうか。

それを後押ししてくれるのが精力剤です。

 

別に勃起力が改善しなくとも死ぬことはありません。

ですが、勃起力を改善し、充実のセックスライフを取り戻すことができたらあなたの人生はもっと楽しく、充実したものになることは間違いありません。

 

「もう歳だから・・・」と諦めるのか、「まだまだこれから!」と覚悟を決めるのか。

ここまで読み進めていただいたあなたならもう答えはでているのではないでしょううか。

 

当サイトでも一番売れていて、私も愛用しているバイタルアンサーですが、先着300名さま限定でお試しサプリといけてるデザインのサプリケースがついてきます。

定員数に達し次第、お得なプレゼントは終了となってしまうので早めのチェックをお願いします。

精力剤以外でおすすめの勃起力の16の改善方法

勃起力をあげる方法はなにも精力剤だけではありません。

他にいろいろ調べてみた勃起力改善に役立つ改善方法をお伝えしますので精力剤とあわせてあなたの生活に取り込んでみてはいかがでしょうか。

筋トレ&チントレ

筋トレをするとテストステロンの生成が活発になります。

それほど激しい筋トレは必要ないのですが、おすすめはスクワットになります。

実はペニスは外に出ているのが3/4で残りの1/4は体内に隠れています。

隠れている部分は太ももの内側の内転筋という筋肉につながっています。

この構造によりペニスに集まった血液が流れ出さないようないわば門のような働きをしているのです。

しかしデスクワーク中心の場合、下半身が弱り筋力が低下しているためこの内転筋につながっているところも弱っている、つまり勃起を継続するための力が低下しているのです。

スクワットはこの内転筋を鍛えることができ、勃起維持の効果が高まる上、下半身を鍛えることで血流がよくなり精巣にも酸素や栄養をスムーズにかつ十分に送ることができるためテストステロンの生成力も高まります。

筋肉に負荷をかけることで筋組織がダメージを受けると修復するために『テストステロンを分泌せよ!』と脳が指令を出すのでスクワットはダブルで勃起力向上に効果が期待できるんです。

 

食生活の見直し

食生活の改善も取り組んでいきましょう。

野菜多めでバランスのとれた食生活は大切ですが、ここでお伝えしたいのはコレステロールを制限しすぎてもよくないということです。

テストステロンの大切な原料のひとつにコレステロールがあります。

健康志向の方も増え、限りなく油を抜くような食事をされている方は特に注意が必要です。

コレステロールが不足すればホルモン生成にも影響がでるので制限しすぎにも注意しましょう。

 

当然ですがテストステロンを回復させるためには十分な栄養素も必要です。

亜鉛であったり、アルギニンであったり精力回復に必要な栄養素はもちろん、ビタミンなどもバランスよく摂取することでホルモン生成能力が高まります。

 

年齢を重ねるごとに体内の抗酸化ストレスは高まっていきます。

抗酸化ストレスと言っているのは活性酸素による影響度合いのことです。

 

既にご存知かとは思いますが活性酸素は精力減退だけではなく動脈硬化を起こす血管の硬化をおこしたり老化や見た目の老いも活性酸素による影響なのです。

血管が硬化してしまうと一酸化窒素の生成量が十分でなくなり結果的にEDや中折れなどの症状になってしまうのです。

 

特に意識してとりたいのが抗酸化成分の強い食べものと、臭いが強いネギ類やニラがおすすめです。

ネギやニンニク、玉ねぎやニラなどの臭いが強い食材にはアリシンという成分が含まれていてテストステロンの分泌を増やしてくれます。

 

しかしアリシンは熱に弱いので普通に加熱してしまうと分解されてしまい期待される効果を発揮できません。

でもビタミンB1とくっつくと熱に強いアリチアミンという成分に変化するので調理するときは肉と一緒がいいですよ!

 

なので昔から疲れた時とか精力付けたいときとかにレバニラとか餃子とか、焼き肉とか食べますけど昔の人は経験的にこれらの食材が精力を高めてくれるってわかっていたんでしょうね。

睾丸マッサージ

文字通り金玉をマッサージします。

やり方としては、次の3ステップです。マッサージすることで睾丸付近の老廃物がリンパにのって流れやすくなるので是非チャレンジしてみてください。

お風呂などでやると身体も温まっているのでより効果的です。

  1. 温める
  2. オイルやボディソープなどで優しく揉む
  3. 皮を引っ張る、前後左右と玉袋ごと前に引き出す感じで優しく

これを何度か繰り返すだけですのでチャレンジしてみてくださいね。

睡眠時間の確保

睡眠はホルモン回復には非常に重要になります。

常に寝不足の状態ではテストステロンは不足してしまいます。

 

テストステロンは寝ている間に回復するのです。

事実、テストステロン量を計測してみると朝は値が高くそして、夕方に向けて低下していきます。

 

ですので仮に夜の間に十分に回復させることができなければ朝テストステロンが低い状態から始まります。

そうなれば、夜セックスするときには限りなく低下しているので性的興奮を感じても十分な一酸化窒素が放出されず勃起しなくなってしまうのです・

 

睡眠がテストステロンに与える影響は動物実験でも確認されていてラットを4日間寝かせずに飼育したところ、3日目くらいからテストステロンの値がほぼセロになってしまいました。

その後、ふかふかの寝心地がよいところで寝かせたのですが4日待ってもテストステロンの値はあがってこなかったのです。

 

このことからもわかるようにテストステロンは一度低下してしまうと回復するのは大変なんですね。

20代の頃はテストステロンも豊富なので徹夜してもがんばれたと思いますが30過ぎたあたりからもう12時くらいになると眠気が・・・という体験をあなたもしているのではないでしょうか?

 

それもテストステロンが低下しているために活力が低下してしまうことに起因しているのです。

テストステロン補充療法

テストステロン補充療法は病院でホルモン注射をうつ方法になります。

テストステロン値が低く、どうしてもだるい、やる気がでないなどといった場合のみ使うようにすることをおすすめします。

テストステロンを唯一直接増やせる方法になりますが、睾丸が萎縮するといった副作用があります。

テストステロン量が増えることで本来テストステロンを作るべき睾丸がサボってしまい、働かなくなることで萎縮していきます。

ホルモン注射をやめることで回復はしますが、数ヶ月〜数年単位で元に戻るまで時間がかかることもありますので特に子作りを考えている方は注意が必要です。

ED治療薬

勃起力を回復させるということで最初に思いつくのがバイアグラやシアリス、レビトラなどのED治療薬ではないでしょうか。

確かに診察さえ受ければ比較的カンタンに手に入りますし、効果も感じられます。

ですが勃起力低下はテストステロンの減少が原因であるのに対し、ED治療薬はテストステロンに働きかけるわけではなく、なんとか少なくなったテストステロンでも勃起できるように、勃起をおさえる成分の働きを邪魔するだけ。

根本的な解決にはなっていないので、来週のこの日に絶対セックスをしたい!まずは自信を取り戻したいという場合以外には私はおすすめしません。

有酸素運動

有酸素運動も長期的には勃起力改善に役立ちます。

メタボになるとテストステロンの生成量が減ることが研究からもわかっています。

お腹が出てくるのは歳なんだしある程度はしょうがないですが、それが男性ホルモンの減少が原因だったと知っている人は少ないのではないでしょうか。

身体を動かすことで代謝が上がることはもちろん、テストステロン生成にも働きかけを行うので健康維持のためにも有酸素運動は有意義ですので取り入れていきましょう。

ツボを刺激する

おへその下からペニスの上の間に勃起力改善に効果が期待できるツボが集中しています。

おへそ側にあるのは関元(かんげん)、中極(ちゅうきょく)、大赫(だいかく)。

背中側にあるのが命門(めいもん)、腎兪(じんゆ)、そしてくるぶしの上あたりに三陰交(さんいんこう)。

そして指に商陽(しょうよう)、三焦経(さんしょうけい)、陽地(ようち)、労宮(ろうきゅう)など色々なツボがあるので軽く刺激してみるといいでしょう。

長めの入浴で血流改善

お風呂なんかで勃起力が改善するのか?と思うかもしれませんが入浴は疲れを癒やし、そして全身の血流改善に役立ちます。

血流が改善すればペニスへの血液の流れや、テストステロン生成に必要な栄養素や酸素がスムーズに運ばれていきます。

特別なものを用意しなくても取り組めるのも評価できるポイントです。

ゆったりとした下着を身につける

肌にピタっと密着するような下着を身に着けているのなら今すぐ替えるべき。

理由は睾丸がダメージを受けるからです。

テストステロンは睾丸で全体量の9割以上を生成している超大切な器官。睾丸は熱に弱く体温でもダメージを受けるほどの繊細な部位になります。

睾丸が身体の中ではなく外にぶら下がっている理由がまさしくこれです。

それを下着で身体に押し付けてしまってはテストステロン生成や精子の製造にも影響がでるのでブリーフタイプのものではなく、ゆったりとしたトランクスタイプを選ぶようにしましょう。

マンネリ打破

マンネリも勃起力の低下につながります。

AVも何度も同じものみていると勃起しにくくなってきたと感じたことあると思います。

脳が性的刺激を感じる度合いによって、テストステロン分泌も変わってくるのでマンネリした状態はいい状態ではありません。

奥さんとマンネリしているのであればシチュエーションを変えたり、コスプレやバイブを使うなど思い切って変態的な要素を取り入れてみると意外と興奮します。

定期的なオナニー

定期的にオナニーすることも大切です。

オナニーして精子をだすことで再び製造しようと身体が認識して睾丸を刺激します。

恋をする

新しく恋をすることもテストステロンを増やすにはおすすめです。

本能的にオスとしての感覚が磨かれます。抱きたいと感じることで性機能の働きも活性化されるので新しい恋をはじめてみませんか?

ただし!不倫はゼッタイだめですよ。

新しくなにかを始める

新しく何かをはじめることもテストステロンを増やすためには有効です。

古代の男性は生き抜くために日々危険を冒す必要があり、男性ホルモンをドバドバ出し自身を古い立たせ挑んでいっていました。

現代でも、遺伝子に刻まれた本能は残っており、今まで経験したことがない新しいことに挑戦することは男性ホルモンを増やすのに有効です。

特別なことではなくても、何か新しい習い事をはじめてみる、ちょっと知らない駅で降りて散策してみるなども有効です。

男同時でつるむ

大学の同期や、普段から仲良く遊んでいる友達同士で集まると縄張り意識が高まり男性ホルモンが活性化します。

とくにグループで行うゴルフなどのスポーツはおすすめです。

いろいろ精力剤にプラスして実行したい対策をお伝えしましたので是非取り込めるものはひとつでもいいので実施してみてください。

勃起力を改善するために控えたい行動も知っておこう

勃起力を改善するために取り組みたいこととあわせて、勃起力低下につながる控えたい行動もおさえておきましょう。

禁煙

本数を減らすではないですよ。禁煙です、禁煙。

 

喫煙するとタバコ1本あたりビタミンCが25mg~100mg消費されてしまいます。

100mgとは厚生労働省が指定する成人1人あたりの1日の摂取量に該当します。

 

つまりタバコ1本で1日に摂取しなければならないビタミンCが消費されてしまうのです。

ビタミンCの作用は抗ストレスと抗酸化作用です。

 

不足してくると慢性疲労、気力の低下、そして血流の悪化などが現れてきます。

先ほど勃起力の話をした時にペニスの血管を拡張して血流がよくなるから勃起しますというお話をしました。

 

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、窒素化合物があなたの勃起力を低下します。

 

まずニコチンが血管を収縮させ、血液の循環を悪くします。

そして一酸化炭素が精子の元になる精母細胞を壊してしまうため子作りを考えている方には大問題なのです。

さらに一酸化炭素や窒素化合物によりビタミンやミネラルも消費されてしまい結果的にはテストステロン生成や、精力そのものに影響を及ぼします。

 

せっかくテストステロン増やして勃起力あげようと思っているなら喫煙が勃起に悪影響を及ぼすことは理解できますよね?

最高のセックスをとるのか、それとも喫煙をとるのか。

 

あなたはどっちですか?

膝の上でパソコンを使わない

睾丸は熱に弱いので膝の上にノートパソコンおいて仕事するというのはゼッタイに止めたほうがいいです。

パソコン以外でも熱を出すものは股間付近にはおかないようにすることを意識しましょう。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まった状態ではテストステロンはうまく生成も分泌もされません。

ストレスがかかると脳はコルチゾールというホルモンを分泌するように指令を出します。

 

コルチゾールは不安や心への負荷を軽減してくれる働きがあります。

しかし役目を終えて分解されるときに大量に活性酸素を作り出してしまいます。

 

またテストステロンは抗ストレス作用もあるため、

 

①ストレスがたまる

②テストステロンが消費される

③ストレスに弱くなる

④脳がホルモンを分泌するなと命令を出す

⑤テストステロン量が減る

⑥ストレスに弱くなる

④に戻る

となりストレスが蓄積することでテストステロン減少の負のスパイラルが始まってしまうのです。

テストステロンが減少する一番の理由はストレスです。

 

職場では責任のある仕事をまかされ、自宅でも奥さんや家族からのプレッシャーがある。

そんな状況ではテストステロンは減少の一途をたどってしまうのです。

 

心休まる時間がなければ気持ちも休まらず副交感神経が優位な状態にならないのです。

テストステロンは副交感神経が優位な状態に分泌されますので継続的にストレスがかかると交感神経が常に優位な状態になり脳がカフカになってしまうのです。

なのでなんとなくストレス解消をやるのではなく、意識してしっかりとやりましょう!

アルコールを控える

適量のアルコールであれば緊張を緩和する働きがありますが、過剰になると勃起に影響が出てきます。

 

体内でアルコールを分解するときに肝臓では分解酵素というものが必要になりますがこの分解酵素を働かせるためにビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンC、亜鉛などさまざまな栄養素が消費されてしまいます。

特に亜鉛やビタミンCなど抗酸化作用やテストステロン分泌に影響するGHリリーザーが減少してしまうことはかなり痛いです。

 

毎日晩酌をしているような場合には、2日に1回にするなど量を調整してみましょう。

飲酒量を増やし勃起力アップに必要な栄養素の消費を防ぎ、不足している栄養素はサプリメントで補給することでさらに高い効果が期待できます。

過激なAVは避ける

勃起の流れでも説明しましたが脳が五感を通じて性的刺激を感じることでテストステロンが分泌されます。

この時の刺激の強さでテストステロンの分泌量も決まります。

 

つまり普段から刺激が強いものばかりをみて慣れてしまうと、いざ、本番の時に刺激が足りず中折れや勃たないなどの事態に陥ります。

床に強くこすり受ける、強く握るなどの間違ったオナニーもテストステロン減少につながるので見直しが必要です。

長時間の自転車は避ける

自転車通勤をする人が増えていますが実は長時間の自転車も睾丸にはあまりおすすめではありません。

自転車に乗るとサドルで裏筋のあたりが圧迫されますよね。圧迫されることで血流が滞り十分な栄養や酸素が睾丸にいきわたりません。

私も昔、ロードレースタイプの自転車に乗っていましたが数時間乗っているとおしっこをするのも痛いくらいになってしまっていたので今思えばかなり睾丸付近にダメージを与えていたんだと思います。

健康のためには自転車はおすすめですがサドルはハードタイプのものではなく大きめで柔らかいソフトタイプのものを選ぶようにしましょう。

AGA治療でEDや勃起力が低下することも?!

フィナステリドを主成分とする治療薬には、男性ホルモンの作用を抑える働きがあり副作用としてEDや勃起力低下が起こることがあります。

また精子の数も減少することもあるので子作り中はフィナステリド配合の育毛剤は避けるのが無難でしょう。

-テストステロン

Copyright© 精力回復クエスト!勃起力アップに人気の返金保証付き精力サプリランキング , 2018 All Rights Reserved.